2018.07.26

【ピッコマTV】<待てば¥0>で見られる動画配信サービス「ピッコマTV」リリース

株式会社カカオジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:金 在龍)は、話題のドラマ、アニメ、映画などのリッチな動画作品をスキマ時間で視聴できる動画配信サービス「ピッコマTV」を2018年7月26日より開始いたしました。

ピッコマ「動画版」ついに登場!

▶ ピッコマTV公式サイト https://piccomatv.com

「ピッコマTV」は、1,000万ダウンロードのマンガアプリ「ピッコマ」の動画版

電子マンガサービス「ピッコマ」は、待てば無料で読める<待てば¥0>モデルを通じてマンガ体験の敷居を低くし、比較的マンガから遠ざかっていた層、いわば“マンガライトユーザー”と良質なマンガが気軽に出会える環境づくりを推進してきました。2016年4月20日のリリース以来、アプリ版の累計ダウンロード数は1,000万を超え、ブックカテゴリのダウンロードランキングは1位、また収益ランキングでもトップに次ぐ規模に成長しました。

「ピッコマTV」は、ピッコマの動画版とも呼ぶべきサービスです。

日々、多種多様なコンテンツが生まれ、「ヒマな時間はない」などと言われる昨今、日常生活においてリッチな動画作品を楽しむための「まとまった時間」を確保することが以前に比べて難しくなってきています。ピッコマTVはそういった状況を踏まえ、動画配信に<待てば¥0>モデルを取り入れることで、リッチな動画作品をより気軽に視聴できる環境を提供してまいります。

※ 累計ダウンロード数は2018年7月3日時点のiOS/Androidの合算です。
※ 2018年6月期iOSブックカテゴリ/2018年6月期Androidコミックスカテゴリー(出典:App Annie)

実写ドラマ『聖☆おにいさん』今秋配信スタート!

俳優・山田孝之が製作総指揮を執り、監督・脚本を福田雄一が務め、イエス役を松山ケンイチ、ブッダ役を染谷将太が演じる実写ドラマ『聖☆おにいさん』は、今秋、先行独占配信される予定です。お楽しみに!

実写ドラマ『聖☆おにいさん』

©中村光・講談社/パンチとロン毛 製作委員会

山田孝之製作総指揮コメント

ピッコマTVさんは、ものをつくっている方に対してのリスペクトがすごく感じられて、一緒に仕事をしたいと思いました。今回、一話が短くて見やすい作りなので、ピッコマTVにピッタリ合っているなあと思います。原作者の中村先生が、『聖☆おにいさん』が目指しているのは「トイレで読んでもらうぐらいの感じ」と言っていたので、こちらの実写版もそういう風になっていると思います。ただぼくとしては、ぜひ電車で見てもらいたいです。(笑いを堪えなきゃいけないという)スリルがあって楽しいんじゃないかと。

福田雄一監督コメント

最近ものすごいピッコマのCM増えたじゃないですか!やたらとピッコマピッコマって音が耳に入ってくるので、いやほんとピッコマにしてよかったなと(笑)。「一話一話を短くやりたい」というのはぼくのわがままでしかなかったんですが、配信も色々な形が(あって)いいと思うので、ひとつの新しい形として『聖☆おにいさん』を楽しんでいただければと思います。

作品ラインナップ

・ドラマ:『アンフェア』『GTO』『結婚できない男』ほか
・アニメ:『弱虫ペダル』『TVアニメ「orange」』『宇宙戦艦ティラミス』ほか
・映画:『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』『アヤメくんののんびり肉食日誌』ほか

今後も順次配信作品を追加してまいります。

利用可能なデバイスは順次拡大

ピッコマTVはスマートフォンデバイスで利用可能です。今後、順次タブレット、WEB、スマートテレビへの対応を進めていく予定です。

ピッコマTVは、「作品が主役」という理念のもと、待てば無料で見られる<待てば¥0>モデルを軸に、ユーザーがひとつでも多くの動画作品と出会え、より動画が好きになれる環境づくりを推進してまいります。

ピッコマTV サービス概要

サービス名 ピッコマTV
プラットホーム iOS / Android
利用料金 無料(一部サービス内課金あり)
アプリダウンロード
[ iOS ] https://itunes.apple.com/jp/app/id1385906229
[ Android ] https://play.google.com/store/apps/details?id=com.piccomatv.app
公式サイト https://piccomatv.com
運営 株式会社カカオジャパン

ピッコマTV

ページトップに戻る

現在お使いのAndroid標準ブラウザは動作保証外となります。
Google Chromeでのご利用をお願い致します。

Google Chromeで表示する