2018.05.10

総額約100億円の資金調達を実施
「ピッコマ」「ピッコマTV」の作品やコンテンツ、マーケティング等を強化

株式会社カカオジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:金 在龍。以下「当社」)は、当社の親会社であるKakao Corp.(本社:韓国濟州市、co-CEO:呂 民壽、co-CEO:趙 秀容)、Kakao Corp.の子会社であるPodotree, Inc.(本社:韓国城南市、CEO:李 縝洙)などを引受先とした第三者割当増資により、総額約100億円の資金調達を実施いたしましたことをお知らせします。当社は、今回の調達をもとに、当社が運営する電子マンガサービス「ピッコマ」や2018年夏リリース予定の動画配信サービス「ピッコマTV」に関連する作品やコンテンツへの投資、マーケティング等を強化してまいります。

「ピッコマ」「ピッコマTV」について

「ピッコマ」は、「マンガが好きになり、マンガにお金を払う価値を感じる世界」、いわば“マンガの生態系”の構築を目指し、一定時間「待つ」だけで無料でマンガが読める「待てば¥0」モデルを軸とした電子マンガサービスです。2016年4月20日のサービスリリース以来、累計ダウンロード数は800万、1日120万人以上(2018年4月時点)が利用するサービスとなっています。また、「ピッコマ」で培ってきたノウハウを活かした動画配信サービス「ピッコマTV」のリリースを2018年夏に予定しております。

※ ピッコマの累計ダウンロード数は2018年4月時点のiOS版/Android版の合算です。

調達した資金の使途について

このたび、両サービスに関連する作品やコンテンツへの投資、マーケティング等を強化し、事業拡大を図るため資金調達を実施いたしました。「作品が主役」という理念のもと、コンテンツに関わられる国内外のパートナーのご理解とご支援をいただき、日本国内のみならず、アジアグローバルのコンテンツプラットフォーム構築を視野に、マンガ市場や動画配信市場の拡大を目指してまいります。

主な引受先

Kakao Corp.

Kakao Corp.は、当社の親会社です。
本社所在地:韓国、濟州市
代表者:co-CEO 呂 民壽、co-CEO 趙 秀容
設立:1995年2月

Podotree, Inc.

Podotree, Inc.は、当社の親会社であるKakao Corp.の子会社です。
本社所在地:韓国、城南市
代表者:CEO 李 縝洙
設立:2010年7月

ページトップに戻る

現在お使いのAndroid標準ブラウザは動作保証外となります。
Google Chromeでのご利用をお願い致します。

Google Chromeで表示する